一体感

 

現代社会は人間が産みだした、様々な機械によって成り立っています、家は家電や電子機器、テレビ、パソコン、その他もろもろの機械の宝庫であり、家を一歩ですと、監視カメラ、移動の時に使う車、バイク、電車、飛行機など、人間の生活はありとあらゆる機械によって成り立っているのです。
この様々な機械は、部品んと部品の集合体であり、別々の所で作ったそれぞれの部品を組み合わえて構成されているのです。

別々のものをひとつにする時、例えば京都のお寺などは、釘などを使わずに、一つ一つの木と木を組合わせて建てる事が出来た、歴史的な建造物ですが、いざバイクや車のエンジンを作るとなると、別々のものをひとつにまとめる為の部品が必要になってきます。
そこで開発されたのがネジであり、ネジは使用感や用途の変化によって様々なカタチに変わっていき、ワッシャやキャップボルトなど他の固定部品がどんどん生まれてきました。

私達の生活を支えているのが、機械なら、機械を支えてるの小さな小さなネジやワッシャー、キャップボルトなのです。
小さいボディに大きな力を秘めているネジは、私達の生活になくてはならないものなのです。