細部に宿る魂

 

素晴らしい製品や素晴らしい作品には、いくつかの共通点がありますが、一番の共通点は他人が気にならないような細かい所までしっかり作りこまれていると言う事です。
逆に、凡庸な製品や作品は細かい部分での粗さが目立ちます、結果的に小さな小さな細かい部分の粗さが、製品全体の質や、作品の一体感を阻害してしまっているのです。

だからこそ、本当にいい製品や、作品をつくりあげようとすると、確実に細かい部分、外から見て気にならないような部分までしっかりと作りこむ事が求められています。
日本は長間に渡って、もの作り大国と言われて、素晴らしい品質の製品を海外にたくさん輸出してきました。

電化製品や家電を買うならすべて日本製、車やバイクも日本製というほどに海外でメイド・イン・ジャパンの製品が大人気になりましたが、質の高い製品を作り続ける事が出来たのは、日本人の細かい所までこだわって作ると言う特徴が出たからでしょう。
そしてその素晴らしい製品の細部に絶対になくてはならない部品が、ネジ、ワッシャー、キャップボルトなどの部品達です。
ネジやワッシャー、キャップボルトは、細かい製品から大きな製品、建物から建造物までありとあらゆるものに必要な素材と素材、材料と材料をつなぐ為に必要な部品なのです。

繋ぎ目が荒いと素晴らしい製品を作り上げる事は出来ません、ネジ、ワッシャー、キャップボルトの精度が製品や作品全体に大きく影響するのです。
今回は物作りには欠かせない、ネジ、ワッシャー、キャップボルトの魅力についてご紹介させて頂きます。

イチ押しリンク

ねじの専門カタログが欲しいなら:ウィルコ